北谷町役場近くの街中に、ガジュマルなどの緑が生い茂る森のような空間がある。縄文時代に住民の命の水だった泉があり、今もさらさらと流れている。悠久の時に思いを巡らせた▼ウーチヌカーと呼ばれるその泉の一帯は、国指定史跡の伊礼原遺跡。約7千~2500年前の縄文時代各期の土器も多数出土している。