九州管区警察局は1日、沖縄県警の無線4局が総務省から承認を受けずに運用されていたと発表した。必要な再申請をしていなかった。総務省沖縄総合通信事務所は電波法違反で行政指導した。

 無線は車両の速度取り締まりに使われ、九州管区警察局が管理している。有効期限が2021年5月までだったが、申請されずに22年1月まで使われていた。

 九州管区警察局は「管理が不十分だった。再発防止に努める」と釈明した。

 電波法違反には罰則規定があるが、国の機関は免除されており、九州管区警察局も対象。