沖縄県庁の電話回線で、通話中に数秒間、音が途切れる不具合が起きている。県はシステムを保守管理するNTTと調査しているが、現時点で原因を特定できていない。

沖縄県庁

 県によると不具合が出始めたのは6月17日から。通話中に双方の音が数秒間途切れ聞こえない状態になる。

 これまで同様の不具合が起きたときはシステムの再起動で解消したが、今回は復旧しておらず、不具合は那覇市泉崎の本庁舎全体で確認されている。通話自体が切れるなどの問題はなく、今のところ県民からの苦情もないという。

 県管財課は取材に「電話が途切れ業務に支障が出る。復旧作業を急ぎたい」としている。