KDDIが提供するauなどの携帯電話サービスが2日午前1時35分ごろから音声通話やインターネット通信が利用しづらくなっているトラブルは2日午後1時20分現在、沖縄県内でも影響が続いている。

auの店頭で通信障害を知らせる看板を見つめる利用者=2日、那覇市銘苅

 那覇市銘苅のauショップの店頭には全国的な通信障害を知らせる立て看板が設置され、障害の復旧のめどの問い合わせや携帯電話の故障と勘違いした人が次々と訪れた。

 那覇市の女性(22)は「夜中にスマホでティックトックが視聴しにくくなって、離れて暮らす親に通信障害かを確かめようとしても電話がつながらなかった」と振り返る。

 持病があるため朝から病院に予約をしようと電話をしても通信障害が続いていた。「auの店員も『全国的なエラーで対応できない』と困っていた。しょうがないけど、復旧を待つしかないですね」と自宅へ戻った。

 バイクのそばでヘルメットをかぶったままスマートフォンを見つめていた浦添市の男性(41)も「フードデリバリーの仕事をスマホで注文を受けているが、通信が不安定で受注できない」と困った表情を浮かべた。

 デリバリーは決められた期日内で目標件数を達成できないと報酬が支払われない。「台風前に回数を稼ごうと思っていた。通信が不安定なので、オーダーを受けて届けようとしても場所が分からないはず」と肩を落とした。(社会部・銘苅一哲)