沖縄気象台によると、台風4号は2日午後3時には那覇市の東約200キロにあって、時速約25キロの速さで北西へ進み、2日午後9時から3日午前0時にかけて沖縄本島地方に最も接近する見込みとなっている。

台風の進路予想図(気象庁HPより)

 2日午後0時48分に北大東で26・2メートルの最大瞬間風速を観測。1時間降水量で那覇市は同日午後5時11分までに約20ミリを観測した。

 沖縄本島地方では3日朝にかけて北西のち南の非常に強い風が吹く見込み。台風の発達の程度によっては、本島中南部と本島北部では2日夜遅くから3日明け方にかけて暴風となる恐れがある。

 3日未明から朝にかけて本島地方の多い所で1時間に70ミリの非常に激しい雨が降る見込み。同気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけている。