ロシアの軍事侵攻が続くウクライナの平和を願い、沖縄県糸満市喜屋武で農業を営む久米健一さん(63)が自身のニンジン畑800坪いっぱいに約1万本のヒマワリの花を咲かせた。

久米健一さんのニンジン畑で咲くヒマワリの花=糸満市喜屋武

 ヒマワリはウクライナの国花。花は6月23日の慰霊の日ごろから咲き始め、7月いっぱいが見頃となる。

 久米さんは「毎日ウクライナのニュースに接していて、自分に何かできないかと考えていた。思った以上に咲いてくれてうれしい。暗い話題が多いなか、花を見て癒やされてほしい」と笑顔で語った。

 畑の場所は喜屋武岬に向かう道沿いで電柱が目印。