社民党県連 照屋大河代表 党存続へ得票が不可欠  -社民にとっては政党要件を維持できるかも重要な選挙だ。  「二正面作戦で取り組んでいる。県内的には、オール沖縄の一翼を担う政党として伊波洋一氏の当選を目指す。全国的には党の存続で、より多くの得票が不可欠になる。