日本小児外科学会の調査で、医師らがハラスメントによるストレスにさらされている実態が明らかになった。地方や外科系の医療現場で見られる医師不足の一因になっている可能性もあり、早急な見直しが求められる。