日本列島は3日も高気圧に覆われ、東北や関東を中心に気温が上がった。気象庁によると、福島県伊達市では37・7度を観測。東京都心も35・3度まで上がり、統計のある1875年以降最長の、9日連続での35度以上の猛暑日に。全国914観測点のうち、過半数の469地点で30度以上の真夏日となった。

 東京・銀座を行き交う人たち=3日午後1時19分

 気象庁=東京都港区虎ノ門

 東京・銀座を行き交う人たち=3日午後1時19分  気象庁=東京都港区虎ノ門

 4日は高気圧の張り出しが弱まる上に、台風4号が5日に九州に近づく影響で大気が不安定となり、西日本から東日本にかけて雨や曇りが多くなるとみられ、暑さは和らぐ見込み。

 都心の猛暑日はこれまで2015年7月31日から8月7日にかけての8日連続が最長だった。(共同通信)