【ヒューストン共同】米大リーグは3日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はヒューストンでのアストロズ戦に「3番・指名打者」で出場し、4打数1安打1打点だった。チームは2―4でサヨナラ負けし、3連敗。延長戦を除いた大リーグ記録に並ぶ20三振を喫した。

 アストロズ戦の八回、三振を喫して渋い表情を浮かべるエンゼルスの大谷翔平=3日、ヒューストン(AP=共同)

 カブス戦の五回に登板したレッドソックスの沢村拓一=3日、シカゴ(ゲッティ=共同)

 アストロズ戦の八回、三振を喫して渋い表情を浮かべるエンゼルスの大谷翔平=3日、ヒューストン(AP=共同)  カブス戦の五回に登板したレッドソックスの沢村拓一=3日、シカゴ(ゲッティ=共同)

 レッドソックスの沢村はカブス戦で2―1の五回から2番手として登板し、2回を2安打無失点だった。チームは延長十一回、4―2で勝った。(共同通信)