木原誠二官房副長官は4日の記者会見で、中国海軍のフリゲート艦1隻が同日午前7時44分ごろ、沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域に入ったと明らかにした。領海侵入は確認されておらず、同50分ごろに接続水域から出た。中国海軍の艦艇が尖閣周辺の接続水域に入ったのは今回で4回目。政府は外交ルートを通じ、中国側に重大な懸念を表明して抗議するとともに、再発防止を求めた。

(資料写真)尖閣諸島