総務省は4日、参院選投開票日の1週間前に当たる3日までの期日前投票者数(選挙区)が778万6881人(有権者の7・39%)だったと発表した。今回は公示が1日前倒しされ通例の10日分が11日分に増えているため単純比較はできないが、前回2019年の同時期の1・23倍となった。

 全都道府県で19年の同時期を上回った。伸び幅が最も大きかったのは東京都の1・50倍。徳島県の1・46倍、青森県の1・40倍が続いた。伸びが最小だったのは愛媛県の1・02倍だった。期日前投票は、投開票日前日の7月9日までできる。(共同通信)