「ねえ、ヒロキからなんじゃけど、ちょっと見てくれん?」  ビデオ通話に慣れていないおばさんに操作を任せられたわたしは、スマホをティッシュの箱に立てかけて、音声はスピーカーから出るようにした。  画面にはナンユウくんの顔が映っている。