【東京】防衛省は4日、中国海軍のフリゲート艦1隻が同日、尖閣諸島・魚釣島の南西の接続水域に入ったと発表した。中国の軍艦が尖閣周辺の接続水域に入域するのは2018年6月以来、4回目。領海侵入は確認されていない。日本政府は中国側に抗議し、再発防止を要求。外務省によると、中国側は「独自の主張」をしたという。

尖閣諸島(資料写真)

 防衛省によると、中国艦は同日午前7時44分ごろに入域。約6分後に水域を出て、西南西方面に向かった。海上自衛隊の護衛艦が情報収集と警戒監視に当たった。

 また、防衛省は同日7時5分から8時16分、ロシア海軍のフリゲート艦1隻が魚釣島南西の接続水域に入り、周辺を航行していたことも確認。この艦艇は、2日に与那国島と西表島の間を北上したロシア艦3隻のうちの1隻という。

 防衛省は「ロシア艦が尖閣周辺を航行するのは特異事象ではなく、台風を避けるために入ったとみられる」と説明。中国艦が「先に入ったロシア艦を監視するなど何らかの対応をしていた」とみている。

(東京報道部・新垣卓也)