日本バスケットボール協会は5日、ジャカルタで12日に開幕する男子アジア・カップの代表として、昨季は米プロNBAラプターズでプレーした渡辺や富樫(千葉J)、張本(名古屋D)の東京五輪代表3人を含む12人を発表した。

 男子アジア・カップの代表に選ばれた渡辺(NBAE提供・ゲッティ=共同)

 1、3日の2023年男子ワールドカップ・アジア1次予選で代表デビューした、ともに21歳の富永(ネブラスカ大)と河村(横浜BC)、23歳のテーブス(滋賀)もメンバー入りした。

 アジア杯で日本は1次リーグC組に入り、13日にカザフスタン、15日にシリア、17日にイランと対戦する。(共同通信)