財務省が5日発表した国の2021年度一般会計決算は、税収が前年度比10・2%増の67兆379億円と2年連続で過去最高となった。新型コロナウイルス禍で落ち込んだ企業業績の回復を背景に法人税が伸びたほか消費税、所得税も増えた。

 国の一般会計税収の推移

 内訳は、企業などが納める法人税が21・4%増の13兆6428億円。消費税は4・4%増の21兆8886億円、給料などにかかる所得税は11・4%増の21兆3822億円だった。

 21年度の税収は前年度の60兆8216億円を大きく超えた。予算段階の見込みを3兆円余り上回った。(共同通信)