【ブリュッセル共同】北大西洋条約機構(NATO)加盟各国は5日、フィンランドとスウェーデンの北欧2国のNATO正式加盟を承認する議定書に署名した。全30加盟国が国内の批准手続きを終えれば、NATOは32カ国体制となる。ウクライナに侵攻したロシアに近接する北欧2国は5月に加盟を申請。ロシアは警戒を強めている。

 5日、ブリュッセルで記者会見する(左から)フィンランドのハービスト外相、NATOのストルテンベルグ事務総長、スウェーデンのリンデ外相(ロイター=共同)

 加盟国のトルコが、自国がテロ組織と見なす非合法組織クルド労働者党(PKK)を北欧2国が支援しているとして加盟に反対していたが、6月28日に「テロ容疑者」の引き渡しなどで合意したとして一転して容認。トルコは合意順守を求めており、火種として残っている。(共同通信)