高浜虚子の孫で2月に亡くなった俳人稲畑汀子さんの追悼会(日本伝統俳句協会主催)が、東京都内で開かれた。協会の会員ら200人以上が参加し、1987年の協会創設時から死の直前まで会長を務めた故人をしのんだ。  黙とうに続き、会長を引き継いだ岩岡中正さんが「(稲畑さんは)共生の文学の伝道者。