太陽の周りを虹の輪が囲う「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が5日、県内各地で見られた。沖縄気象台によると、上空の薄い雲をつくる氷の粒に、光が屈折したり反射したりして発生する。