龍谷大学の松島泰勝教授は5日、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれている「先住民族の権利に関する専門家機構」(EMRIP)の会議に合わせたワークショップに登壇し、旧京都帝国大(現・京都大)の人類学者が今帰仁村の墓から持ち出した遺骨の返還問題について説明した。