沖縄県名護市の学童クラブが市の補助金を不正に受給していた問題で、運営する二つの学童に通う児童ら60人以上の受け入れ先にめどが付いたことが分かった。同学童は受け入れ完了後に閉鎖する方針。  市が4日、2カ所の学童のうち1カ所の保護者らを対象に受け入れ先や申し込みの手続きなどについて説明した。