SUBARU(スバル)の中村知美社長(63)は「重点市場の米国を中心にマーケットの需要は強い」と手応えを示す。2022年度の世界での自動車販売計画が94万台なのに対し、販売店などから「はるかに上の110万台以上の要望を受け取っている」と明かす。