低気圧の影響で、東日本の太平洋側では伊豆諸島を中心に、6日夜にかけて大雨が続く地域があるとして、気象庁は土砂災害や低地の浸水、川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼びかけた。大気の状態は不安定で、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要になる。

 気象庁=東京都港区

 気象庁によると、東海道沖の低気圧が6日夜には関東の南東の海上に進む。低気圧周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、東日本の太平洋側では非常に不安定な大気の状態が続く。これまでの大雨で地盤が緩んでいる地域は、土砂災害の危険度が高まっているため、特に注意が必要だという。(共同通信)