【ミルウォーキー共同】米大リーグは5日、各地で行われ、カブスの鈴木はミルウォーキーでのブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場し、2試合連続の6号2ランを含む5打数2安打3打点と活躍した。チームは8―3で勝った。

 ブルワーズ戦の5回、2試合連続となる6号2ランを放つカブス・鈴木=ミルウォーキー(共同)

 マーリンズ戦の7回、投ゴロに倒れるエンゼルス・大谷。一走が二封の間に出塁した=マイアミ(共同)

 ブルワーズ戦の5回、2試合連続となる6号2ランを放つカブス・鈴木=ミルウォーキー(共同)  マーリンズ戦の7回、投ゴロに倒れるエンゼルス・大谷。一走が二封の間に出塁した=マイアミ(共同)

 エンゼルスの大谷はマイアミでのマーリンズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、3打数無安打だった。チームは1―2で敗れて4連敗。

 腰の故障による負傷者リスト(IL)入りから復帰したパイレーツの筒香はヤンキース戦に「5番・一塁」で先発し、3打数2安打で八回の守備から退いた。チームは5―2で勝った。(共同通信)