【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在は前日比35・14ドル安の3万0932・68ドルを付けた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は2・80ポイント安の1万1319・44。

 米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締めで景気が後退することを懸念した売りが出る一方、短期的な戻りを狙った買い注文も入った。米国の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の6月開催分の議事録公表を控え、様子見ムードも強かった。(共同通信)