西武・プリンスホテルズワールドワイド(東京、小山正彦社長)は6日、沖縄県那覇市松山に、県内2店舗目となるホテル「プリンス スマート イン 那覇」を11月22日に開業すると発表した。

西武・プリンスホテルズワールドワイドが11月に開業する「プリンススマートイン那覇」のイメージ図(提供)

 地上10階建て、全149室でツインルームが117室、ダブルルームは32室ある。デジタル世代と呼ばれる若年層をメインターゲットとする。情報通信技術(ICT)や人工知能(AI)技術を導入した非接触型のサービスを基本とし、予約からチェックアウトまでスマートフォン一台で完結できるという。

 敷地面積は約662平方メートルで、延べ床面積は約4732平方メートル。

 担当者は「デジタル技術を活用したサービスの提供により安全・安心でスマートな滞在を楽しんでほしい」とアピールした。