沖縄の塩シママースなどを販売する製塩業の青い海(又吉元栄社長)は6日、県内の子どもの貧困解消に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」(代表・武富和彦沖縄タイムス社長)に30万円を寄付した。プロジェクトへの支援は昨年に続き2回目。

沖縄タイムスの武富和彦社長(右)に寄付金を手渡す青い海の屋嘉比元常務(中央)と神蔵岳絋経営企画部長=6日、沖縄タイムス社

 同社は、社内の持続可能な開発目標(SDGs)の取り組みの一環として「子ども食堂」の支援や県交通遺児育成会への寄付も実施している。

 沖縄タイムス社を訪れた屋嘉比元常務は「沖縄のために、従業員一丸となって継続していく」と寄付金を託した。武富社長は「沖縄の子どもための支援の和が広がっている」と感謝した。