沖縄県警少年課は6日、タクシー配車アプリ「DiDi」を使って、キャッシュレス決済システムを悪用してタクシーに乗車し、運賃を支払わなかったとして浦添市の無職の少年(16)を詐欺(無銭乗車)の疑いで逮捕した。調べに対して、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2021年5月19日午後11時半~20日午前5時25分の間、タクシー配車アプリ「DiDi」を使ってタクシーを呼び、料金を支払う意思がないのに、本島中南部を乗り回して運賃4万1720円を支払わなかった疑い。

 同課によると、少年は知人の弟のスマートフォンでDiDiを使って本島南部にタクシーを呼び、未成年の友人ら3人と乗車。約6時間にわたり乗り回した。

 DiDiは事前に利用者情報をアプリに入力し、乗車場所や目的地を入力すると、配車可能なタクシーをAIが手配するシステム。利用後、料金はDiDi側からタクシー会社に支払われ、利用者が入金しておいたキャッシュレス決済システムなどでDiDiに支払われる仕組み。料金が入金残高を上回った場合、利用後に入金することで決済が完了する仕組みだった。

 少年はこれを悪用し、事後にも入金することなく支払いを免れていた。アプリは現在、改修され同様の支払い手続きは行えない。