6日午前10時30分ごろ、沖縄県名護市安和の沖合で「死体らしきものが浮いている」と船で通りかかった人から118番通報があった。名護海上保安署によると、安和の海岸から約300メートルの沖合で、うつぶせで浮いている男性の遺体を発見した。死後1~2日ほど経過していたとみられる。身元は特定できていない。

沖縄の海(資料写真)

 身長約171センチ、体重約70キロ。発見当時は、黒色のTシャツ、黒色の水中マスクとシュノーケル、フィンを着用。身元に関する情報提供を呼びかけている。