参院選は7日、選挙期間が残り3日間となり、与野党党首は激戦区などで論戦を繰り広げた。新型コロナウイルスの感染者が急増して流行「第7波」が懸念される中、岸田文雄首相(自民党総裁)は最大限の警戒を維持しつつ、平時の経済活動への移行を引き続き進める考えを示した。野党は保健所や検査体制の拡充を訴えた。

 参院選まで選挙期間が残り3日間となり、マスク姿で街頭演説に耳を傾ける人たち=7日午後、神戸市

 首相は岡山市で街頭演説し、新型コロナに関し「まだまだ油断できない。医療提供体制は最大限のレベルを維持しながら経済社会を動かしていく。丁寧で繊細な取り組みを続ける」と強調した。

 公明党の山口那津男代表は北九州市で演説後、記者団に「感染防止策を徹底し、ワクチンの接種率を高める努力が大事だ」と語った。

 日本維新の会の松井一郎代表は大阪市で記者団に、現時点では病床使用率に余裕があるとして「人の動きを止めず、経済と(感染対策を)両立してもらいたい」と述べた。共産党の志位和夫委員長はコロナ感染急増に関し、東京都内で記者団に「大変憂慮すべき事態だ。医療の逼迫、崩壊が起こらないよう対策が必要だ」と力説し、保健所の体制強化を求めた。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は都内で記者団に「感染拡大防止と経済活動の維持の両立が極めて重要だ」と指摘。「自宅で迅速な検査を無料で受けられる体制の拡充を急ぐべきだ」と主張した。

 立憲民主党の泉健太代表は新潟県内を遊説した。共産党の志位和夫委員長は千葉県内で演説した。れいわ新選組、社民党、NHK党も各地で支持拡大に注力した。(共同通信)