仙台市教育委員会は7日、授業中や勤務前に教室で酒を飲んだとして、宮城野区の市立小の60代男性教諭を停職6カ月の懲戒処分にした。教諭は7日付で依願退職。市教委の聞き取りに「仕事で嫌なことがあってつい飲んでしまった。体調面の不安もあり落ち込んでいた」と話している。

 市教委によると、教諭は今年2~6月、担任するクラスの教室で、授業中に4回、勤務時間前にも10回以上飲酒した。同僚が6月1日、授業中に児童が課題に取り組んでいる間、教諭がポリ袋に入れた缶に口を付けているのに気付き発覚。500ミリリットル入りのハイボールだった。出勤途中にコンビニで購入したとみられる(共同通信)