第11管区海上保安本部(那覇)は7日、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に5日から侵入していた中国海警局の船2隻が7日午後8時50分ごろ、領海外側の接続水域に出たと発表した。連続侵入は64時間17分となり、2012年9月の尖閣国有化以降で最長となった。

 沖縄県・尖閣諸島

 11管によると、2隻は5日午前4時35分ごろ、日本漁船1隻を追うように領海侵入。漁船の動きに合わせて退去した。連続侵入時間は、6月下旬に64時間と最長を更新したばかりだった。尖閣周辺での領海侵入は今年17日目。

 接続水域でも別の中国船2隻が航行し、うち1隻は機関砲のようなものを搭載していた。(共同通信)