【ヌサドゥア共同】ロシアのラブロフ外相は7日、G20外相会合開催地のインドネシア・バリ島で中国の王毅国務委員兼外相と会談し「西側の攻撃的な路線とは対照的に、私たちの立場は国際的により多くの支持を得ている」と述べ、米国との対決姿勢を示した。8日に同島ヌサドゥアで開かれる外相会合の実質討議では米国のブリンケン国務長官とラブロフ氏がウクライナ侵攻後初めて同席する見通しだ。

 7日、インドネシアのバリ島ヌサドゥアで、握手するロシアのラブロフ外相(左)と中国の王毅国務委員兼外相(ロシア外務省提供、AP=共同)

 米国は侵攻後のG20関連会議でロシア代表の発言時に抗議の退席を続けてきたが、今回は対応を見直し、退席しない方針を表明。インドネシアのルトノ外相は、G7が7日の夕食会を欠席したと明らかにした。(共同通信)