沖縄タイムス+プラス プレミアム

辺野古の埋め立て承認撤回、要求は強いが… 沖縄県の抱えるジレンマ【深掘り】

2017年5月25日 13:38有料

 翁長雄志知事に、埋め立て承認の早期「撤回」を求める声が強まっている。沖縄県は「撤回」を有効手段と考える一方、「根拠が乏しいまま、伝家の宝刀を抜くわけにはいかない」と、ジレンマを抱える。 撤回の根拠として、義務違反や公益上の必要性が挙げられる。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気