豊見城中央病院と中頭病院、東京女子医科大学の代表者らは25日、沖縄県庁で記者会見し、早期食道がんで内視鏡手術を受けた患者が食道狭窄(きょうさく)を発症した際、その後の治療過程で生じる裂傷に同大学が開発した「細胞シート」を貼り付ける手法の臨床研究を近く開始すると発表した。