沖縄タイムス+プラス プレミアム

「人が集まれば止められる」と辺野古集会参加者 “恒例行事化”に懸念の声も

2017年5月28日 14:00有料

 「工事着工されても諦めてはいけない」。27日、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で開かれた県民集会には気温27度、主催者発表で約2千人が集まり、「たくさんの人が座り込めば工事は止められる」との思いを新たにした。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ