沖縄タイムス+プラス ニュース

最新兵器の実験部隊「ダークホース」、どうして沖縄に配備?

2017年5月29日 08:40

 【平安名純代・米国特約記者】米国防総省が戦闘地の前線部隊に最先端の戦場技術兵器を与える計画を立ち上げたのは約5年前。試行錯誤を重ねた末に、米本土での試用試験に成功した。実験部隊「ダークホース」の沖縄配備は、戦闘環境での実用化を見極める目的があり、米軍内で注目と期待が集まっている。

昨年11月にカリフォルニア州トゥエンティーナインパームス地対戦闘センターで訓練する米海兵隊実験部隊「ダーク・ホース」(米海兵隊提供)

 「ダークホース」がカリフォルニア州などで実験した新兵器は、無人機(ドローン)やスマートフォン型の最新通信機器、支援ロボットなどコンピューターを搭載した最先端兵器だ。

 米国防総省は国防高等研究事業局の主導で、戦闘地で遠方の敵を検知できる通信方法や部隊の移動手段、攻撃方法など、従来の戦闘の在り方を変えるための装備品の開発に試行錯誤を繰り返してきた。

 しかし、コンピューターを搭載した装備品は、戦闘地では敵国に妨害される恐れがあるなどの理由で全地球測位衛星システム(GPS)が使えないため、リアルタイムでのデータの共有や通信ネットワークが機能しないなどの理由で失敗を重ねてきた。

 戦闘地での最小規模の部隊は12人程度からなるもので、ライフルや手りゅう弾、軽機関銃、無線機などの最小限の機器を携行し、徒歩で移動する。

 米海兵隊当局は、実験の詳細などは明らかにしていないが、複数の米海兵隊筋によると、沖縄での訓練は、「ダークホース」の少数部隊と第31海兵遠征部隊で分隊を組織し、実際に戦闘地での実用化が可能となるかどうかを焦点に訓練するほか、兵士と司令部を通信ネットワークでつなぐ機能なども試されるという。

 米海兵隊トップのネラー総司令官は「同実験が成功すれば、海兵隊に新たな機能が加わることになり、軍事費削減で縮小された規模を再び拡大することもできる」などと意欲を示しており、沖縄での実験結果に期待を示している。

 訓練には、垂直離着陸型輸送機MV22オスプレイなども参加する見通し。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
運転手メシ特別企画「お肉の名店」特集です。夏こそ!ガッツリ!食べて!元気チャージ!!
高校野球
高校野球
第101回全国高等学校野球選手権沖縄大会(6月22日~)の全試合をイニング速報します。
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします