Jon Mitchell Investigates

US military hid discovery of radioactive and PFAS contamination at scene of ’17 heli crash

2022年7月30日 18:00

Following the crash of a USMC CH-53E helicopter on farmland in Higashi Village on 11 October 2017, the US military detected strontium-90 radioactive contamination at more than 5000 times background levels, as well as contamination from PFOS, likely a result of the firefighting foam used by the USMC to extinguish the burning helicopter. It did not make the findings public; the details only came to light in reports obtained from the USMC via the US Freedom of Information Act.

On 11 October 2017, a USMC CH-53E helicopter crashed and burned in a field in Higashi Village, northern Okinawa.

The documents describe radiation tests on the crashed helicopter’s Inflight Blade Inspection System (IBIS) and de-icing system. Checks on the IBIS registered removable strontium contamination of 144,000 counts per minute (5143 times the background level of 28 counts per minute) and the deicer registered 3,400 counts per minute (121 times background levels).

Moreover, two checks on soil removed by the USMC from the crash site contained levels of radioactive contamination at 1.09 pCi/g and 5.27 pCi/g. According to the report, these levels exceeded US disposal guidelines and so the soil had to be disposed as low-level radioactive waste.

Commenting on the contamination, Ban Hideyuki, co-representative of the Citizens' Nuclear Information Center, called it very high. “Strontium-90 has properties similar to calcium. If it enters the human body and accumulates in bone, it can cause myeloma. It cannot be said that the levels (detected by the military) are safe for human health.”

As well as radioactive contamination, PFOS was detected in one of the soil samples at 700 parts per trillion, exceeding the US Environmental Protection Agency’s screening level of 376 parts per trillion. This newspaper has previously revealed that a USMC report into the accident detailed how Aqueous Film Forming Foam (AFFF) had been sprayed at the scene. Use of the foam had previously been denied by the Okinawa Defense Bureau, the regional branch of Japan’s Ministry of Defense.

The FOIA-obtained reports are the first time that the military’s data from the crash site have been divulged – and they show the accident was more harmful to the environment than previously realized. After the crash, the US military removed soil from the site without the permission of the landowner; later the military presented him with a letter of appreciation which he subsequently returned. Responding to the latest findings, the landowner urged the military to be more open with providing information to the public. Okinawa Times gave the landowner copies of the FOIA-obtained reports.

Provided by a military whistleblower, this photo from 18 October 2020 shows molten chunks of the CH-53E airframe in which the strontium-90 had been embedded.

It is not the first time that the USMC has faced accusations of a cover-up following this helicopter crash. In 2018, a whistleblower with many years of experience working at MCAS Futenma’s environmental division, asserted that the USMC had misled the public about the removal of radioactive materials from the site. Following the accident, the USMC had announced that the substances had been removed by 14 October. However, according to the whistleblower, strontium-90, had remained at the scene for at least one week. The source provided Okinawa Times with a photograph from the site dated 18 October showing four lumps of metal – each around 40cm in length – in which strontium-90 had become lodged into the melted airframe. USMC Chemical, Biological, and Radiological personnel dispatched to the scene had used axes to cut the radioactive materials from the melted wreckage.

Although US military regulations require that emergency responders be informed of potential radioactive exposure, Okinawan fire crews had not been notified.

(日本語関連記事)  炎上した米軍ヘリから放射性物質 自然の5千倍 沖縄・高江で17年に不時着 土壌からPFASも

(日本語関連記事)  「私たちを守る気はないということか」嘆く地主 米軍は土壌汚染を伝えず 炎上ヘリから放射能

(日本語関連記事)  放射性物質 8日間残留/3日後 除去と誤発表/高江ヘリ炎上 米軍 訂正せず放置/泡消火剤も使用

追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
ジョン・ミッチェル
岩波書店
売り上げランキング: 83,373
連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
戦争証言デジタルアーカイブ 語り残す
戦争証言デジタルアーカイブ 語り残す
「あの悲惨な時代の出来事を決して忘れないで」。そう考えた多くの高齢の皆さんが、若い記者たちに自らのリアルな経験を話してくれた。
無料で楽しめるゲームコンテンツ
無料で楽しめるゲームコンテンツ
沖縄タイムス社は無料で楽しめるゲームコンテンツを公開しました。クロスワード、早押し演算など20種類のゲームが無料で楽しめます。 休憩時間や息抜きにどうぞご活用ください。
羽生結弦選手 競技の第一線退く
羽生結弦選手 競技の第一線退く
世界中のファンを魅了し続けてきたスター選手の歩み
教育デジタル地図
教育デジタル地図
町から子どもが消えてゆく。小中学校の統廃合が加速。縮みゆく日本の姿をデータで分析
あなたのナゼにココホル取材班
あなたのナゼにココホル取材班
読者が日頃感じている「ナゼ」を、沖縄タイムス記者が取材して解き明かします。情報をお寄せください。
ベジテーブルブログ
ベジテーブルブログ
野菜宅配サービス「ベジテーブル」。レシピ通りに作れば、おいしくて健康的な料理が短時間で手軽にできちゃいます。
電子パズル「数独」
電子パズル「数独」
毎週日曜日に新しい問題を出題します。有料会員向けサービス。ちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで頭の体操してみませんか?
Tokyo沖縄めし
Tokyo沖縄めし
東京都を中心に首都圏にある沖縄料理店はおよそ600店。「ちむどんどん」する、心躍る沖縄の味を求めて、こだわりの店を紹介します。
データで捉えるウクライナ危機
データで捉えるウクライナ危機
データで捉えるウクライナ危機。購読は有料会員への登録が必要です。
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報
解説 北朝鮮核・ミサイル設置情報。購読は有料会員への登録が必要です。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
NewsVideo
NewsVideo
ニュースをわかりやすく 新聞社の動画で比較
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄タイムスのイチオシ
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
おきなわ終活プラス
おきなわ終活プラス
いざという時の医療・介護、相続・贈与、葬儀、お墓のことなど、沖縄で送る「終活」ライフを応援します。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
学生向け就職情報サイトの決定版!
学生向け就職情報サイトの決定版!
2024年卒業予定・卒業後3年以内の方が対象 合同説明会や会社訪問などタイムス就職フォーラムの情報をいち早くお届け。皆さんの「就活」をサポートします。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手4出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
問題解決に向けた挑戦を沖縄タイムスの「広報力」で後押しするクラウドファンディングサービス。プロジェクト検索はこちらから。
第15回タイムス地域貢献賞 募集中
第15回タイムス地域貢献賞 募集中
沖縄タイムス社は、草の根的な活動で幅広く貢献している県内の個人・団体・企業を顕彰する「第15回タイムス地域貢献賞」の候補者を募集中です
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄特有の動植物や、観光スポット、事件・事故、そして米軍基地問題まで、さまざまな情報を動画でお届けします。
日刊スポーツも日々多彩
日刊スポーツも日々多彩
フルカラー沖縄タイムスとWでカラーお試しキャンペーン!セットで読んで豪華賞品を当てよう!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。