芋入りのバーキ(竹かご)を二段重ねにして頭に乗せた女性たちが集まる市場の風景。現在の糸満市糸満の町端区、通称「西新地ン門(にしみーじんじょー)」の街道側とみられる(朝日新聞社提供)
芋入りのバーキ(竹かご)を二段重ねにして頭に乗せた女性たちが集まる市場の風景。現在の糸満市糸満の町端区、通称「西新地ン門(にしみーじんじょー)」の街道側とみられる(朝日新聞社提供)
麦わら帽をかぶり、ダツなどの魚を運ぶ漁師。護岸の形などから現在の糸満市糸満、前端区にあった漁港、新島浜(みいじまばま)一帯と見られる(朝日新聞社提供) 芋入りのバーキ(竹かご)を二段重ねにして頭に乗せた女性たちが集まる市場の風景。現在の糸満市糸満の町端区、通称「西新地ン門(にしみーじんじょー)」の街道側とみられる(朝日新聞社提供) アコウとみられる巨木と民家。右隅には子どもたちが集まっている。当時の取材メモから、沖縄本島中部の集落と推測される(朝日新聞社提供)
この写真の記事へ