布をかぶって墓参りする女性たち。糸満市史を編集する糸満市生涯学習課によると、これまで葬儀のときの風習だとされてきた。今回見つかった大阪朝日新聞の写真説明には「族の命日に」とあり、本葬ではないことを示唆する。糸満市糸満の宮城夏枝さん(88)は「同じ格好で、四十九日まで週1度は墓参りをした」と証言。葬儀以外でもこうした習慣があったことをうかがわせる。糸満市糸満の町端区の路地、通称「西新地ン門(にしみーじんじょー)」と見られる(写真は朝日新聞社提供)
布をかぶって墓参りする女性たち。糸満市史を編集する糸満市生涯学習課によると、これまで葬儀のときの風習だとされてきた。今回見つかった大阪朝日新聞の写真説明には「族の命日に」とあり、本葬ではないことを示唆する。糸満市糸満の宮城夏枝さん(88)は「同じ格好で、四十九日まで週1度は墓参りをした」と証言。葬儀以外でもこうした習慣があったことをうかがわせる。糸満市糸満の町端区の路地、通称「西新地ン門(にしみーじんじょー)」と見られる(写真は朝日新聞社提供)
布をかぶって墓参りする女性たち。糸満市史を編集する糸満市生涯学習課によると、これまで葬儀のときの風習だとされてきた。今回見つかった大阪朝日新聞の写真説明には「族の命日に」とあり、本葬ではないことを示唆する。糸満市糸満の宮城夏枝さん(88)は「同じ格好で、四十九日まで週1度は墓参りをした」と証言。葬儀以外でもこうした習慣があったことをうかがわせる。糸満市糸満の町端区の路地、通称「西新地ン門(にしみーじんじょー)」と見られる(写真は朝日新聞社提供) 着物をかぶって泣く女性たちがいた葬列を語る宮城夏枝さん=糸満市糸満
この写真の記事へ