1934年発行の「五十周年記念誌 糸満尋常高等小学校」複写本にある校歌。現在の糸満小にも歌い継がれている。1番に「新興の町」とあり、町の発展ぶりがうかがえる(糸満市立中央図書館所蔵)
1934年発行の「五十周年記念誌 糸満尋常高等小学校」複写本にある校歌。現在の糸満小にも歌い継がれている。1番に「新興の町」とあり、町の発展ぶりがうかがえる(糸満市立中央図書館所蔵)
糸満市糸満の中心部、標高約20メートルの丘、山巓毛(さんてぃんもう)から南西方面を見た1935年の眺望。奥の島影は市名城の拝所・エージナ島。手前には赤瓦の建物が軒を連ねているが沖縄戦で破壊され、戦後は糸満ロータリーになった 1934年発行の「五十周年記念誌 糸満尋常高等小学校」複写本にある校歌。現在の糸満小にも歌い継がれている。1番に「新興の町」とあり、町の発展ぶりがうかがえる(糸満市立中央図書館所蔵)
この写真の記事へ