スイス・ジュネーブの国連人権理事会で日本政府による基地建設と人権侵害を報告した沖縄平和運動センターの山城博治議長らが18日、経由地の東京から沖縄に戻った。那覇空港で家族や市民らの出迎えを受けた山城議長は「沖縄の現状や思いが十分に伝わったとは思わないが、国際社会が沖縄を見ていることが分かった。