戦前に現在の那覇市東町にあった「那覇ウフマチ(大市)」と呼ばれた市場の様子。立ち並ぶ建物の中に店を設けて品物を売るほか、路上で商品を並べて露店販売をする人々もおり、庶民生活の場としてにぎわった。띱 市場では品物ごとに販売場所が分かれており、魚・肉・米・乾物等を販売する区域や、野菜・芋・雑貨を売る店舗などがあった。背後の建物には「大迫商店」の店名が確認できる。残された当時の地図と照合すると、野菜や雑貨を販売していた通り沿いから、海産物などを販売する「大迫海産」の店先を撮影したものと思われる。띱 写真では女性たちが野外で「バーキ」と呼ばれる竹かごに穀物や農作物のようなものを販売している姿のほか
戦前に現在の那覇市東町にあった「那覇ウフマチ(大市)」と呼ばれた市場の様子。立ち並ぶ建物の中に店を設けて品物を売るほか、路上で商品を並べて露店販売をする人々もおり、庶民生活の場としてにぎわった。띱 市場では品物ごとに販売場所が分かれており、魚・肉・米・乾物等を販売する区域や、野菜・芋・雑貨を売る店舗などがあった。背後の建物には「大迫商店」の店名が確認できる。残された当時の地図と照合すると、野菜や雑貨を販売していた通り沿いから、海産物などを販売する「大迫海産」の店先を撮影したものと思われる。띱 写真では女性たちが野外で「バーキ」と呼ばれる竹かごに穀物や農作物のようなものを販売している姿のほか
カラー化された1935年撮影の現在の那覇市東町にあった「那覇ウフマチ(大市)」と呼ばれた市場の様子(朝日新聞社提供) 戦前に現在の那覇市東町にあった「那覇ウフマチ(大市)」と呼ばれた市場の様子。立ち並ぶ建物の中に店を設けて品物を売るほか、路上で商品を並べて露店販売をする人々もおり、庶民生活の場としてにぎわった。띱 市場では品物ごとに販売場所が分かれており、魚・肉・米・乾物等を販売する区域や、野菜・芋・雑貨を売る店舗などがあった。背後の建物には「大迫商店」の店名が確認できる。残された当時の地図と照合すると、野菜や雑貨を販売していた通り沿いから、海産物などを販売する「大迫海産」の店先を撮影したものと思われる。띱 写真では女性たちが野外で「バーキ」と呼ばれる竹かごに穀物や農作物のようなものを販売している姿のほか
この写真の記事へ