糸満と那覇を結んだ軌道馬車。写真に収めた大阪朝日新聞の連載「海洋ニッポン」第5回では、行商の女性「カミアチネー(糸満では「カミアキネー」)たちが那覇に向かうとき「三里(約12キロ)の磯浜をひた走りに、あるいは趣味ゆたかな軌道馬車にうちのって、芋畑をゆられながらやってくるのだ」と描かれている(写真は朝日新聞提供)
糸満と那覇を結んだ軌道馬車。写真に収めた大阪朝日新聞の連載「海洋ニッポン」第5回では、行商の女性「カミアチネー(糸満では「カミアキネー」)たちが那覇に向かうとき「三里(約12キロ)の磯浜をひた走りに、あるいは趣味ゆたかな軌道馬車にうちのって、芋畑をゆられながらやってくるのだ」と描かれている(写真は朝日新聞提供)
糸満と那覇を結んだ軌道馬車。写真に収めた大阪朝日新聞の連載「海洋ニッポン」第5回では、行商の女性「カミアチネー(糸満では「カミアキネー」)たちが那覇に向かうとき「三里(約12キロ)の磯浜をひた走りに、あるいは趣味ゆたかな軌道馬車にうちのって、芋畑をゆられながらやってくるのだ」と描かれている(写真は朝日新聞提供) かつて「軌道馬車」が往来していた潮平交差点付近=2017年5月29日、糸満市・国道331号(画像の一部を処理しています)
この写真の記事へ