戦前に現在の那覇市東町にあった「那覇ウフマチ(大市)」と呼ばれた市場。出店者がお金を支払い、一定のスペースを借りて、商売が行われた。建物の中のほか、路上に商品を並べて露店販売をする人々もおり、庶民生活の場としてにぎわった。写真は、野菜などの農作物を販売している場所と見られ、女性たちが野外で「バーキ」と呼ばれる竹かごに品物を入れて対面販売をしている。(写真は朝日新聞社提供)
戦前に現在の那覇市東町にあった「那覇ウフマチ(大市)」と呼ばれた市場。出店者がお金を支払い、一定のスペースを借りて、商売が行われた。建物の中のほか、路上に商品を並べて露店販売をする人々もおり、庶民生活の場としてにぎわった。写真は、野菜などの農作物を販売している場所と見られ、女性たちが野外で「バーキ」と呼ばれる竹かごに品物を入れて対面販売をしている。(写真は朝日新聞社提供)
戦前に現在の那覇市東町にあった「那覇ウフマチ(大市)」と呼ばれた市場。出店者がお金を支払い、一定のスペースを借りて、商売が行われた。建物の中のほか、路上に商品を並べて露店販売をする人々もおり、庶民生活の場としてにぎわった。写真は、野菜などの農作物を販売している場所と見られ、女性たちが野外で「バーキ」と呼ばれる竹かごに品物を入れて対面販売をしている。(写真は朝日新聞社提供) 戦前の市場「那覇ウフマチ(大市)」の写真を眺める糸数昌和さんと妻の千恵子さん。「当時の雰囲気や服装が懐かしい」と話す=那覇市内の自宅
この写真の記事へ