沖縄県東村高江で起きた米軍ヘリの炎上事故からわずか1週間。事故原因の究明を求める地元の声を無視して飛行を再開した事故同型ヘリは18日、事故などなかったかのように高江上空を飛行・旋回を繰り返した。区民は飛び交うヘリを見つめながら、「やっぱりな」と悔しさをにじませた。 「CHが来た!」。