24日の政府と沖縄県の集中協議は、台風15号による暴風警報の発令下の開催という異例の状況。会談場所となった県庁舎はメーンの玄関は閉鎖され、協議や防災関係の職員以外には業務停止指示が出されていた。  沖縄県庁内は台風時、室外機の故障を防ぐため冷房を入れていない。