2015年、沖縄でシュノーケリング中に16人が死亡。過去5年で最多 死亡者数はマリンレジャー全体の約6割を占め、50~60代が多い 年配者の事故対策が課題で、第11管区海上保安本部は対策を進める