1855~60年、沖縄滞在中の仏神父が記録した地震観測ノートが発見 3年半の間で45回発生。家の骨組みが倒壊した大きな地震もあった 観測ノートは今後、地震研究に新たな課題や見解を与える可能性も