世界遺産登録後のガラパゴス諸島について語る西表島エコツーリズム協会の大島佐喜子副会長=竹富町西表島・中野わいわいホール
世界遺産登録後のガラパゴス諸島について語る西表島エコツーリズム協会の大島佐喜子副会長=竹富町西表島・中野わいわいホール
沖縄県内最長の19キロを誇る浦内川には、国内最多407種の魚類が生息。大河の恵みが西表島の希少種・固有種を守り育む(2017年、小型無人機で撮影) 世界遺産登録後のガラパゴス諸島について語る西表島エコツーリズム協会の大島佐喜子副会長=竹富町西表島・中野わいわいホール 世界自然遺産登録後の屋久島の状況や西表島の課題について語る(右から)大牟田一美さんと山雄介さん=竹富町西表島・中野わいわいホール
この写真の記事へ